禁煙補助薬(禁煙グッズ)は、薬局・薬店、ドラッグストア、インターネットショッピング(楽天、amazon.com他)などで販売されている他、禁煙外来による医師の処方で購入できる。医師の処方では一定の条件で保険が適用される。チャンピックスRは医師の処方を必ず受ける。禁煙飴・禁煙ガム・禁煙トローチなどは、松葉・松脂の成分が配合されていることが多く、たばこがまずくなる効果、禁煙による禁断症状の軽減効果などがある。(wikipwdia)

禁煙入院では信頼関係のある人にお金を借ります。

私は27歳女性です。貯金もあまりしてませんが消費者金融も利用したことはありません。ただ一度50万円近い金額が必要になって全財産が20万円ほどしか持ち合わせてなかったのですごく困ったことがありました。

 

それも予測もしていなかった禁煙入院を個人病院でみてもらったので普通の入院費用はかかりました。

 

そして支払い額がトータル50万円近くあり持ち合わせのお金は全て払い込みましたが残りの残額は彼氏に支払うように追い込みましたが持ち合わせがないということで現場系の仕事だったので彼の職場の上司に電話をかけて事情を話して給料を前借できるかたずねると、事情が事情なだけに仕方なしではありましたが直接お金を受け取る事ができました。

 

それでも10万円ほど足りなくて自分の兄に事情を話してなんとか借りることができました。身内はやはり血のつながりがあるだけに簡単に逃げれませんし必ず返さなければと思いますし、貸す方も逃げも隠れもできないことがわかってるだけに信用して縁を勝手に切れるような人に比べると、家族内の人間には貸してくれるのではと思います。

 

後は今までの信頼関係によって貸し借りができるかどうか左右されると思います。もしこのように数十万円どうしても必要になった場面では今まで信頼関係を築いてきた人に頼るのが無難です。

 

もちろん拒否する人もでてくるとは思いますが、そう簡単に縁が切れることがない人には必ず返してくれるという信用のもと貸し借りはなんとかできるはずです。

 

私も一度信用している友達に5万円を貸して欲しいと言われて微妙な気持ちになりましたが、2回にわけてきちっと返済をしてくれたので勝手に音信不通になりそうな怪しい人には貸すべきではありませんが自分の中で信用があるなら貸すことは可能ですし、借りるからには絶対に返すという事を念頭に頑張って説得をすれば案外貸してくれるものだと思います。

 

もちろん利息も少しでも払って感謝の気持ちで返済することは必要だと思います。