アイブロウは眉墨のことです。

眉墨/黛(まゆずみ)は、化粧品の一種。眉の形を美しく見せるために、眉を書き足すための化粧品。また、その化粧法そのものを指す。アイブロウ[※ 1]とも呼ばれる。(wikipedia)

アイブロウしたくてもお金がほしいときにどうするか?

アイブロウしたくてお金が欲しいときどうするかは、独身の時と結婚してからとで違います。独身時代にアイブロウしたくなったときに、お金が欲しくてたまらない時は、クレジットカードのキャッシングを利用してお金を借りていました。2〜3万円くらいの借入れでしたが、欲しい物を手にすることができ
とても便利でした。

 

結婚後は、アイブロウの必要度に応じて、どうするかを考えています。例えば、生活していく上でどうしても必要な冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどを買い替える時は、まとまったお金が必要になります。

 

そして、これらの製品は生活必需品でありお金が無いから買わないわけにはいきません。このような場合、手元に現金が無くても買い物ができるクレジットカードを利用しています。

 

どうしても必要な場合は、お金の都合をつけて買うようにしていますが、必要度が低くい物は、すぐに買うことはできないのです。例えばアイブロウしたい場合、高価な買い物になるので簡単に買うことはできません。

 

もし、アイブロウするだけのお金と生活の余裕があれば、迷わずやってしまいます。しかし、お金も生活の余裕も無いので買えないのです。

 

また、スマートフォンが故障した訳でもないのに、新しい物を買うのは贅沢な話ですから、クレジットカードを使って、購入することもできません。

 

このように買いたい物があっても、それが必需品でなければ、諦めるしかありません。もし、お金を借りて買ってしまったら、家族から猛バッシングを受けるでしょう。ですから、結婚後にお金を借りて買った物は、家くらいです。